用事があり、葬儀に参列できない時の対処方法と弔問マナー

葬儀の知らせを受けても、やむを得ない事情があって、通夜にも告別式にも参列できない時、どうするのがいいかを紹介します。

・通夜にも告別式にも参列できない

訃報は突然やってきますので、あらかじめ予測ができません。

中には親しくしている人や、お世話になった人の葬儀なのに、やむを得ない事情があって参列する事ができないというケースがあります。

こういう場合はとりあえず、先方に連絡を入れ、その時にお悔やみの言葉とともに、葬儀に参列できないことを伝え詫びておきます。

その後通夜や告別式に間に合う用、弔電を打ちます。

香典は郵送してもマナー違反にはなりませんが、数日後に弔問に行けるならその時に持参してもOKです。

・弔問マナー

葬儀に参列できず、後日自宅に弔問に行く時にもマナーがあります。

まずは先方に弔問に行きたい事を伝え、都合のいい日を聞いておきます。

既に香典を郵送している場合でも、当日は花や菓子折りを持参します。

弔問に行った場合は、あまり長居せず、手短に済ませて切り上げます。

葬儀に参列できず、代理を立てた場合は一応参列した事になりますが、念のため後日自宅に弔問に行くと誠意が伝わります。

・まとめ

葬儀に参列できず、香典を郵送する時は、現金書留で送りますが、現金書留の封筒に直にお金を入れるのではなく、不祝儀袋に入れてから現金書留用の封筒に入れます。

この場合は一応お悔やみの言葉や挨拶を書いた手紙を同封しておきます。

手紙は簡単な内容でOKです。