千葉の葬儀に参列する時の喪服や女性のメイクなどはどうしたらいい?

葬儀に参列する時には、喪服にもマナーがあります。

喪服に関するマナーを紹介します。

・喪服のマナー

葬儀に参列する時は喪服を着用しますが、通夜に限り平服でもマナー違反にはなりません。

喪服は黒ですから、黒い服ならリクルートスーツでも大丈夫だろうと、告別式にリクルートスーツを着ていくのはあまりおすすめできません。

というのも喪服は一般的なリクルートスーツと違い、光沢が出ないような生地を使っています。

一般的なリクルートスーツの場合、一見真っ黒で地味に見えても、喪服と並んだ時に光沢の違いがはっきりとわかってしまいます。

告別式では全員が喪服を着用していますので、リクルートスーツとは別に、喪服を用意しておきましょう。

一般的な服装はわかるかと思いますが、お子様連れの方にはお子様の服装・靴などが気になる方もいらっしゃるかと思います。

急な訃報を受ける前に改めて服装とマナーについて考えておきましょう。

◎関連記事はこちら>>http://kurashinista.jp/column/detail/206

・喪服が用意できない時

急な訃報を受け、喪服が用意できないこともあります。

こういう時はどうしたらいいのでしょうか?

可能なら家族や親戚、知人に借りられないかどうか確認してみましょう。

それでもダメなら通夜は辞退して、その間に喪服を買いに行くか、レンタルをするという方法もあります。

喪服は葬儀以外の法事でも使いますので、1着は持っておきたいところです。

喪服には、正装と準喪服があります。

遺族は正装を着用しますが、一般の参列者は準喪服を着用します。

・まとめ

喪服を着用しているからといって、アクセサリーやメイクは控えめにします。

意外と見落としがちなのがハンカチです。

ハンカチも喪服用に黒か白の無地の物を用意しておくと安心です。