千葉の葬儀に参列する際の香典を包む時のマナーと不祝儀袋

葬儀の時には香典を持参します。

香典を包むのにもマナーはありますので、こちらも覚えておくと安心です。

・香典の包み方

香典は不祝儀袋に入れて持参しますが、不祝儀袋にもお金を入れるマナーがあり、表書きも宗教によって変わってきます。

香典の相場は、故人との関係によっても変わりますが、親族ではない場合はだいたい3,000円から5,000円が相場です。

親族の場合は数万円包む事もありますが、わからない時は家族や親戚に聞いてみるといいかもしれません。

お金は人物が印刷されていない方が裏で、人物が印刷されている方が表になります。

香典を開けた時に、最初に裏が見えるように入れます。

お金を入れ不祝儀袋を閉じる時は、折り目を下向きになるよう重ねます。

最近はあまり細かいところにこだわらない傾向がありますが、やはりこういうところを知っておけばスマートな対応ができます。

・金額によって不祝儀袋が変わる

葬儀で香典を持参する時の不祝儀袋は、包む金額によって種類を使い分けます。

3,000円から5,000円なら、水引印刷されているタイプがふさわしいです。

3,000円から5,000円で、水引がついている不祝儀は不釣り合いです。

少額なのに不祝儀袋だけを豪華にするのは、失礼に当たるのでやってはいけません。

中身が多い場合は、立派な水引がついた不祝儀袋でも問題ありません。

・まとめ

香典の表書きは、一般的には御霊前としておけば大丈夫です。

キリスト教はお花料、神式は玉串料とするのが一般的ですが、御神前でもOKです。