知っておきたい千葉の葬儀に参列する時のマナーと服装

葬儀に参列する場合は、千葉に限らずどこでもマナーがあるので、マナーをわきまえた行動をしましょう。

・葬儀マナーについて

葬儀マナーはいくつかありますが、まず訃報の知らせを受けた時には、できるだけ早く駆けつけるのがマナーです。

ただし仕事ややむを得ず事情があって、葬儀に参列できない事もあります。

例えば千葉で葬儀を行うのに、北海道にいてすぐに駆けつけられないというような場合は、弔電を打てば失礼になりません。

弔問は後日、日を改めればいいので、香典はその時に持参してもOKです。

ただし香典を持参するなら、あまり時間を開けない方がいいです。

駆けつける場合は、状況を見て取り込んでいるような場合は、お悔やみの言葉は言わなくても問題ありません。

・通夜と告別式の服装

通夜は訃報を聞きつけすぐに駆けつけるので、喪服でなくてもマナー違反にはなりません。

平服でもOKですが、地味な色を選ぶようにします。

平服でもOKだからと、派手な柄物や光り物、毛皮などはふさわしいとは言えません。

グレーや濃紺、黒なら問題ありませんが、レースやリボンがついた物はあまりおすすめできません。

女性の場合はメイクやアクセサリーなども、控えめにします。

告別式は通夜を挟んでいるので、喪服を用意する時間がありますから、告別式にはブラックフォーマル、喪服を着て参列します。

・まとめ

葬儀にもいくつかのマナーがあります。

マナーを知らないと思わぬところで恥をかく事があるので注意しましょう。

◆千葉の葬儀について参考サイト紹介《http://nicole-anderson.com/